JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

医療関係者の方へ トップページ

添付文書の電子化・同梱廃止に関するご案内(PDF・0.6MB)

Adacolumn 20th Aniversary

GMAのこれまでとこれから

GMAのクリニカルパール探求

2000年の保険適用以降、多くの臨床経験とエビデンスを積み重ねてきた顆粒球吸着療法(GMA)の貴重な知見や、参考となるクリニカルパールについて、全国の先生方より、動画シリーズ『GMAのベストプラクティスを目指して』およびインタビュー記事シリーズ『GMA 20年をこえる臨床知見からの提言』の二つの形式にて解説いただきます。

GMA関連コンテンツトップページはこちら

鹿児島県アダカラム動画シリーズVol. 8

PP/PsA治療におけるGMAの役割

鹿児島大学医学部 皮膚科学教室
教授 金蔵 拓郎 先生

アダカラムは2012年に膿疱性乾癬(PP)、2019年に関節症性乾癬(PsA)に対して保険適用となりました。アダカラムを用いた顆粒球吸着療法(GMA)は、体外循環により血液中から白血球(主に顆粒球)を吸着除去する非薬物療法です。今回は、PP/PsAにおけるGMAの治療意義と位置づけについて、診療ガイドラインやエビデンスに基づいてご解説いただきました。

動画を見る

東京都アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 65

IBD治療の選択肢が多様化する状況下の非薬物療法の意義を再考する

JCHO東京山手メディカルセンター
消化器内科 (炎症性腸疾患センター) 部長
酒匂 美奈子 先生

IBD治療は、分子標的薬の登場により選択肢が多様化し、主に難治例や重症例を中心として治療成績の向上につながりました。しかし、分子標的薬の投与にあたっては、感染症をはじめとした予期せぬ有害事象の発現や効果減弱などに対する注意が求められ、一度投与を開始すると中止の判断が困難になるなどの側面も存在します。これらを背景として、IBD患者さんの更なるQOL向上を図るために、栄養療法やGMAなどの非薬物療法と薬物療法の併用に期待が集まっています。そこで今回は、日本有数のハイボリュームセンターにおける非薬物療法の実際と、これまでの知見について総括いただき、さらに女性IBD患者さんに対する診療上の留意点についても併せてお話を伺いました。

記事を見る

アフェレシスデバイス


血球細胞除去用浄化器 アダカラム

アダカラムは、潰瘍性大腸炎、クローン病、膿疱性乾癬および関節症性乾癬の症状を改善する治療に使われる医療機器で、 体外循環法により末梢血から主に顆粒球・単球を吸着除去します。

製品の詳細はこちら