JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

医療関係者の方へ トップページ

Adacolumn 20th Aniversary

GMA20周年特設ページ

GMA治療の歩みと可能性

2020年に保険適用20周年を迎えました顆粒球吸着療法(GMA)について、全国の先生方より、動画シリーズ『潰瘍性大腸炎(UC)の治療戦略』およびインタビュー記事シリーズ『GMA 20年の臨床知見からの提言』の二つの形式にてお話を伺いました。

GMA20周年特設ページはこちら

東京都アダカラム動画シリーズVol. 5

UCにおけるGMAのClinical Questionの解決

杏林大学医学部 消化器内科学
教授 久松 理一 先生

2000年に潰瘍性大腸炎(UC)に対して保険適用となった顆粒球吸着療法(GMA)について、これまで20年に及ぶ臨床経験が積み重なり、併せて様々なエビデンスが構築されてきました。そこで、UC治療におけるGMAのクリニカルクエスチョン(CQ)の解決に向けて、これらのエビデンスや治療指針に基づいて、ご解説いただきました。

動画を見る

東京都アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 25

長期予後を考慮したIBD治療と非薬物療法としてのGMAの意義

帝京大学医学部 下部消化管外科 IBDセンター 准教授
松田 圭二 先生

IBD診療においては、患者の高齢化や治療の長期化を背景に、癌化に対するサーベイランスと早期介入の必要性が高まっています。また、IBD患者の予後改善に向けては内科的治療だけでなく、適切なタイミングによる外科的治療の実施が求められており、これらの点から、消化器内科と消化器外科との連携がより重要となります。そこで今回は、消化器内科と消化器外科の機能を併せ持つIBDセンターにおける治療の実際と、非薬物療法としてのGMAの意義について解説いただきました。

記事を見る

アフェレシスデバイス


血球細胞除去用浄化器 アダカラム

アダカラムは、潰瘍性大腸炎、クローン病、膿疱性乾癬および関節症性乾癬の症状を改善する治療に使われる医療機器で、 体外循環法により末梢血から主に顆粒球・単球を吸着除去します。

製品の詳細はこちら