JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

医療関係者の方へ トップページ

Adacolumn 20th Aniversary

GMA20周年特設ページ

GMA治療の歩みと可能性

2020年に保険適用20周年を迎えました顆粒球吸着療法(GMA)について、全国の先生方より、動画シリーズ『潰瘍性大腸炎(UC)の治療戦略』およびインタビュー記事シリーズ『GMA 20年の臨床知見からの提言』の二つの形式にてお話を伺いました。

GMA20周年特設ページはこちら

千葉県アダカラム動画シリーズVol. 4

クローン病(CD)治療戦略におけるGMAの果たすべき役割

東邦大学医療センター佐倉病院
IBDセンター センター長
東邦大学医学部特任教授
鈴木 康夫 先生

抗TNF-α抗体製剤の登場は、クローン病(CD)治療のパラダイムシフトを導き、治療成績の向上に寄与しました。しかし、抗TNF-α抗体製剤は、一旦投与を開始すると、維持療法として長期間の継続投与を必要とし、抗TNF-α抗体製剤の効果減弱(LOR)例の増加が臨床上の課題の一つとなっています。そこで、その解決に向けてアダカラム治療(GMA)が期待される点について、ご解説いただきました。

動画を見る

東京都アダカラム
インタビュー記事シリーズVol. 10

高齢者UCの課題とGMAの効果発現の特徴

順天堂大学医学部・大学院医学研究科
消化器内科学講座
准教授
澁谷 智義 先生

近年、増加を続ける高齢者UCにおいては、感染症に対する脆弱性をはじめとして、併存疾患の多さや、それに起因するポリファーマシーなど、UC治療を行う上で考慮すべき点が少なくありません。今回は、それら高齢者UCの課題とGMAの役割および効果発現の特徴について解説いただきました。

記事を見る

アフェレシスデバイス


血球細胞除去用浄化器 アダカラム

アダカラムは、潰瘍性大腸炎、クローン病、膿疱性乾癬および関節症性乾癬の症状を改善する治療に使われる医療機器で、 体外循環法により末梢血から主に顆粒球・単球を吸着除去します。

製品の詳細はこちら

販売移管・終了製品の情報はこちら