JIMROJIMRO

医療関係者の方へ

GMAのこれまでとこれから:GMAのクリニカルパール探求

Adacolumn Clinical Pearl

アダカラム動画シリーズ

GMAのベストプラクティスを目指して

–エキスパートが語る実践的なアダカラム(GMA)活用法-

消化器および皮膚領域をリードされる先生方より、最新の診療状況および治療戦略について解説いただき、併せて実臨床において期待される実践的な顆粒球吸着療法(GMA)の活用方法を紹介いただきます。

IBD:炎症性腸疾患、UC:潰瘍性大腸炎、CD:クローン病、PP:膿疱性乾癬、PsA:乾癬性関節炎(関節症性乾癬)

東京都アダカラム動画シリーズVol. 6

潰瘍性大腸炎に対するGMA維持療法

北里大学北里研究所病院
炎症性腸疾患先進治療センター
センター長  日比 紀文 先生

2022年1月、顆粒球吸着療法(GMA)は潰瘍性大腸炎(UC)の寛解維持に対して保険適用され、UCでは寛解導入から寛解維持まで一貫してGMAでの治療が可能となりました。そこで、UC治療における治療選択肢の一つとして、非薬物療法であるGMAの活用方法を再考するため、寛解維持療法のエビデンスや患者受容性アンケート結果についてご解説いただきました。

動画を見る

20221月、顆粒球吸着療法(GMA)は潰瘍性大腸炎(UC)の寛解維持に対して保険適用され、UCでは寛解導入から寛解維持まで一貫してGMAでの治療が可能となりました。そこで、UC治療における治療選択肢の一つとして、非薬物療法であるGMAの活用方法を再考するため、寛解維持療法のエビデンスや患者受容性アンケート結果についてご解説いただきました。

動画チャプター選択(各章ごとの再生が可能です)